So-net無料ブログ作成

今、輝け [日記]

KOBO1公演目を見てきました。


色々物語を背負ってしまったこぶしファクトリーですが、特にはまちゃんを見るとやっぱりこのブログを思い出します。


『何があっても自分はここに立ち続ける』って誓い直してあそこにいるのかなと思うとそれだけで涙が・・・

はまちゃんだけでなく、他のメンバーもプライド持って、先を見て、あの場に立っている感じがして泣けました


なんだろう、こぶしが持っている『若さ故の率直さ』みたいなものは、アンジュルムが持っている『思想的な率直さ』とはちょっと違うんだよなぁ・・・。そこが面白いところだが。


まだ成長段階が残っていそうだけれど、大分飾りが取れてきて、いい感じになっているなぁと。


やっぱり『時間は無限じゃないし』とか、『憧れていた場所で、まだ夢の途中』とか、『タイムリミットが来る前に、行けるところまで行ってみよう』とかアイドルに言われてしまうとただただ『がんばれ』っていいたくなる。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

これ、男性は本音だったってことにならないかなぁ・・・ [日記]

もう、ここに至って今更ストレートさは信じられないという裏腹さ、みたいな・・・。まあ、そう見たがるのも男のエゴってことなのか・・・・。

しかし、2番のかわむー→かななん→あやちょの流れは秀逸だな。あと、このサムネは容赦無いなと。



『共感詐欺』と全然違う人物像じゃないか?とあやちょはいってましたが、個人的には同じ人かと。どちらも自分らしさをしっかり持っているが、それ故、それを持て余す時もあるという感じの人なのかと。

『君フレ』も含めて、アンジュルムが表現する女性像は一貫性高いと思うけど。


それこそ、学生時代『ぁまのじゃく』だった子が、成長しても『結局同じだ・・・』といっているのかなと思いましたが。

あ、サムネ・・・・



・・・・はい、題名の『Uraha=Lover』だけ見て、ゴリゴリのダンスナンバーかなんかだと思って批判した人、いただいてから判断しよう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

哀悼の意を表しつつ [日記]




こういう伝え方になるんだなぁと

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

雰囲気がある [日記]

これを見たとき


これを思い出した・・・。バラバラ感とまとまり感がちょうどいい配分。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

『共感詐欺』から逃れた人は全部アンジュルムが泣かせてやるって宣言だよなぁ [日記]

『共感詐欺』は今後積極的に使いたい言葉、そして『負けないぜ』に空耳するところも個人的にはツボ。

MVで見るとライブでは見切れなかった細かい部分がわかってよりいい。歌詞も確認すると改めてとてもアンジュルム的な曲だなと。
アイドルが『共感』を否定するのはある種の自己否定だと思うので、アンジュルムぐらいしかリアリティを込められないだろうなと。

りかこ→かっさー→かななん→りなぷーの所は、単純に決まっていて良いなと。かななんとりなぷーはあんなこともできるんだなと。もちろん、ちょくちょく登場する室田感も。やっぱり3期の躍動にかかっているよなぁ。まあ、最初のかっさーの笑顔で勝利は確定しているようにも見えるが・・・
とりあえずダンスショットとクローズアップも買います、買わせてください・・・


『アイドル表現』という言葉があるとすれば、それは何らかのメッセージを発信するときに少し柔らかく(丸く、飲み込みやすく)なるということだと思う。というより、主張を適度に変換して表現にできるプロをアイドルと呼びたい。
先鋭的なメッセージも、『アイドル表現』を通すことでより大きな広がり方をするのであれば、表現手法の一つとして大いに有効なのかと。
なので、その辺りを、アンジュルムやあやちょがどんどん請け負ってしまえばいいと思ったりはしている。

もちろん曲の話でもあるのだが、ちょいちょいあやちょにかわいいポーズをぶっ込んでくれる振り付けされたyuka先生もね(かなり先鋭的な感じとお見受けしたので・・・)。

\すごい!/ 上國料萌衣

しかし、行きたかったなぁ・・・名古屋。


ところで『共感詐欺』って???


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog